忍者ブログ
ADMINWRITE
自分の可能性の為に努力を惜しまないことはとても大切。
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 このブログを見ている方はUTAUをはじめDTMソフトを使っている方が多いと思うのですが、普段どんなことをモットーにしていますか?
私は普段音楽をつくるとき、「人間でも再現できるものをつくる」と決めています。

 楽器を使っている方ならわかるかもしれませんが、人間離れした演奏は、人によっては不快に感じることもあります。
しかし、その人間離れした演奏に魅力を感じる人もいるのです。
 DTMのいいところといえば、自宅に楽器や録音機材がなくても音楽が作れること。
また、楽器に関する知識が技術がなくてもその楽器の演奏を再現できることです。
そしてそれを応用したのが、人間に不可能な演奏も実現させられること。
人によってそこをどうしようかは個人の考えにもよると思いますが…。



 今回作ったオリジナル曲は「人間でも再現できるものをつくる」という自らのモットーを無視し、より機械的に、より激しく、より狂ったような曲をめざしました。



 まず、ドラムがメチャクチャです。
私はドラムの知識がほぼ皆無なのですが、連打に加えシンバル等も加えるという鬼畜譜面になっています。
通常連打は両手を使って演奏しますが、それに加えて他のドラムも扱うという状態。
知識がないので何とも言えませんが、これはできる人はできるかも知れません…。

 次にピアノ。
練習は必要ですが、これは人間でも弾けます。
但し和音や速い動きが連続する譜面になっていて、この短さでもかなり疲れると思われます。
楽譜に起こしたら「弾いてみろ」に分類されるのではないかなぁと思いながら作りました。
クラシックで言うと、リストとベートーヴェンの弾き手にとって嫌なところだけを足した悪質さ?w
これはそのうち自分で「弾いてみた」に挑戦してみようかと思います。

 そして歌唱。つまりUTAU。
人間でも歌えます。…が、トレーニングを積んでいないとかなり苦しいと思われます。
サビの後半では炉心融解の「飛び込んでみたいと思う」の「み」よりも半音高い音が続きます。
(「思う」のところでなかっただけまだましですねw)



 今回この曲を作ってみて思ったのですが、まさに発狂しているのではないかと思うほど激しい曲などであれば、人間に不可能な譜面もアリだと思います。
私は基本的に実際の演奏・歌唱をイメージしているので、これからも「人間に演奏できる譜面」を中心に作っていきますが、たまにはこのようなDTMならではの音楽もつくってみたいと思います。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
まずは、動画紹介ありがとう。

最初はLittle Kiss(石橋貴明&工藤静香)の「A.S.A.P」やろうと思ったんだけど、
ユキの感じとはちょっと違うのと既にカバーしてる動画がニコにあったんで、
やめて今回の曲にしました。
ま、「A.S.A.P」はオケ作るのがメンドくさそうってのもあったんだけどねw
コードは大昔に拾ったけど。


で(?)、知冬嬢が気に掛けてる「人間でも再現できるものをつくる」
「DTMならではの音楽」ですが…

どちらもアリなんじゃないかな。
俺は(音楽的な)産湯がYMOなので、エレクトリカルな曲や
「演奏的に再現不可」なフレーズにも別段拒否反応は無いなぁ。

まぁ今回の知冬嬢の曲で考えると
「アナログのリズムマシーンや明らかにシーケンサーで演奏されている、
ハナからヒューマニックではない音」というのではなく、
「本来人間が演奏する楽器(生ピアノ、生ドラム、生ギターetc…)を、
通常の奏者のパフォーマンスを超えたレベルで(機械が)演奏する」
という意味の「DTMならでは」だと思うけど…

まぁ人によっては拒否反応あるでしょうね。
「ピアノどんだけ鍵盤あんのよ!」とか
「ドラマー手足何本あんのよ!」とか
「お前の指は義体か!」とかwww

ただ、今回の知冬嬢の曲に関して言えば、ドラムは全然問題ないと思うよ。
テリー・ボジオとかニール・パートとかマイク・ポートノイ辺りなら、
楽勝で叩くと思うよww(気になったらニコとかで見てね)

鍵盤に関しては基本的に門外漢なので偉そうなことは言えないけど、でも、
世の中超絶技巧な方たくさん居らっしゃいますから…歌も、ね…

多分ホントの意味での「不可能な譜面」は、1つの鍵盤の音が同時に11個以上鳴ってるとか
ドラムの音が同時に5つ以上鳴ってるとかさww

譜面にオタマジャクシが縦にズラーと並んでるってのは、得体が知れないなぁ…

それこそ「指何本いるのよ!?」だよねww
miya-poo 2010/09/24(Fri)19:59:16 編集
Re:無題
A.S.A.Pですか~。
ぜひチェックしてみよう…。

私はエレクトロニカなど機械的な音も好きなのですが、本来人間が演奏する楽器の音を使って無茶な演奏…ピアノだと指を11本以上同時に使うような演奏を要求するものは音の一つ一つを大切にしていないように感じてしまってどうも苦手です。
いろんな音楽を聴いていて「音を素早くたくさん出せばいいってもんじゃないぞ!」と思う音楽にも多々出会ってきたので…。
音を大事にしてくれるのであれば、無茶な演奏であろうが私は大歓迎です。

私の知り合いに何人か…母親もそうなのですが、VOCALOIDやUTAUが苦手な人もいます。
理由には「歌唱が不自然だから」「人間に歌えるわけがない歌ばかり歌う」などいろいろあるのですが、「人間には不可能な演奏」と似たものがあるのではないかと思いますね…。
本物の楽器による演奏や人間による歌唱を「普通の音楽」とすると、こういった人達からすればDTMは「異常な音楽」と捉えられるのかもしれません…。
知冬  【2010/09/24 23:10】
えーと…
この記事へのコメントで良いのかどうか判りませんが…

without breathのremix完成しました。
完成っていうか、3つほど作りました。

http://dl.dropbox.com/u/8460435/without_breath_remix.zip
でダウンロード出来ますんで、是非聴いてみて下さい。
ちょっと長文ですが解説も付いてます。

知冬嬢が気に入るかどうかは判りませんが、決して原曲レイプにはなってない(つもり)ですw

ともあれ、非常に楽しい経験でした。

ありがとう!
miya-poo 2010/09/30(Thu)02:38:22 編集
ありがとうございます!
早速、「わぁ、すごいなぁ数が多い!」と思いつつ、一つずつreadmeを読みながら聴いてみました。

一番気に入ったのはテクノです。
元々自分が(形にはなっていなかったけど)テクノを目指して作ったのもあって、すごく理想の形に近いというか…。
ファイルを開いたらいきなり好みの出だしで「うおおぉぉ!」ってなりましたw

Rockはやはりドラムの勉強になりましたw
原曲に近いままかなりカッコよく変わっているところがすごかったです。
ギターの使い方の参考にもなったし、特にこのアレンジからは学ぶことが多かったなぁとw

JazzRockはお洒落な感じが良かったですね~。
他のアレンジは疾走感があったけれど、これはそれらに比べて少し落ち着いた感じがしました。
今までのオリジナル曲を聴いていると、このアレンジが一番「miya-pooさんっぽい」アレンジかもしれませんね。

まさか三種類もアレンジしていただけるとは思わなかったので、コメントを見て「えっ」となり、フォルダを開いて再び「えっ」…w
いやぁ、でもどれも好みのアレンジでした。
readmeにも詳しい説明を書いていただいて、勉強にもなるし、アレンジを聴くのがより楽しくなります。

改めて、素敵なアレンジありがとうございました!
知冬  【2010/09/30 11:31】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
知冬
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/02/24
職業:
中の人
趣味:
ピアノやUTAU中心の音楽
最新コメント
[08/01 kowanko]
[07/16 miya-poo]
[06/10 miya-poo]
[06/09 miya-poo]
[05/19 miya-poo]
ぷちカンパ
WebMoney ぷちカンパ
※カンパされたポイントは全て音源収録・作曲活動の為にのみ使います
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ ふぉ~ まい ぽてんしゃる! ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]