忍者ブログ
ADMINWRITE
自分の可能性の為に努力を惜しまないことはとても大切。
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手10回達成ありがとうございます!
自己満足で終わるかなぁと思っていたもので、想像以上に反応が多くてびっくりです。
RTしてくれた皆様もありがとうございます!


 今回は前回に引き続き波形をやっていこうと思います。
前回の後半部分と同じく、パワー系の音源を作りたい方にはつまらない話になってしまうと思います。
静かで滑らかな歌唱を目的とした音源を作りたいと思う方、パワー系の音源を目指しているけれど一応参考にしたいという方はこの先へどうぞ。


まずはこの4枚の画像を見てみてください。
602a1a2a.jpg

2aa60ad1.jpg

09fb8f54.jpg

77f833a9.jpg

 上の二枚は、以前私が配布していた貴野ルキという音源の「ぜ」と「きゅ」の波形です。
下の二枚は貴野ユキver pre5の「ぜ」と「きゅ」の波形です。
 ルキの音源はどちらも母音の最初の部分が大きな山になっていて、後から声量が落ち着いているのが確認できます。
一方、ユキの方はどちらも母音の始まりが多少大きくはなっているものの、全体的に声量が統一され、ルキほど差はついていません。
これは簡単に言うと「アタック」の強さです。

 音源の発音では子音でもアタックの強さは変わりますが、母音の最初の部分が特に大きく影響すると私は思っています。
このアタックが強い場合、利点としては激しい曲を歌わせたときに無調声でもアクセントがつき、はきはきした元気な歌唱がさせやすいことなどが挙げられます。
たとえば耳のあるロボットの唄、あれの冒頭部分などはアクセントがあった方がいいでしょう。
逆に静かな曲を歌わせる場合や、滑らかに歌わせたい時にはアタックの強さが邪魔になることがあります。
 アタックも一つの個性ですし、特にパワー系の音源であればアタックがあった方がいいのかもしれませんが、このアタックはUTAUで調声するときにエンベロープを調声することで同じような効果を得られます。
そのため、べた打ちの状態で滑らかにつなぐことを最優先にするのであれば、音源のデフォルトはアタックが弱く、なるべく均等な大きさで発声することが重要だと思われます。

 とりあえず、実験としてルキ、そしてフェアな実験をする為に同じ環境で録音された貴野ユキSPを使ってサイハテを歌わせてみました。

[VOON] 5サイハテ比較
ルキはハキハキしていて聴きとりやすい一方、ユキは控えめで落ち着いた歌い方です。
わかりにくかったかもしれませんが、ルキにはアクセントがあり、一音一音バラバラに発音しているように感じませんでしたか?

画像で検証するとこうなります
(上がルキ、下がユキの波形)
b6a0ab83.jpg
むこうはどんな

d37d2c2d.jpg
ところなんだろうね

7c0b6eaf.jpg
無事に着いたら

160fd461.jpg
便りでも欲しいよ

 三枚目の画像が分かりやすいかと思いますが、ルキは母音の最初の部分が大きく、すぐに小さくなるような波形をしていますが、ユキは全体を通して極端に声量が変わらないような波形をしています。
このアタックがあると何もしなくともはきはき歌うけれど、滑らかに歌わせたいときに調声しづらいのがイメージできたでしょうか?

 ちなみにルキは前回の波形でやった「ぬめぬめ繋がる波形」になるように録音しています。
また、両方とも私が同じ環境で録音した為、声質の変化はどちらも少ないことを保証します。
その点ではルキとユキは平等なはずですが、アタックで差ができてしまいました。
つまり、アタックの差が歌唱スタイルの個性を形成する一つの要因になるのです。
 前述した通り、今回は滑らかな歌唱を目指す場合を前提とした講座です。
これからアタックを少なくしつつ録音するコツを紹介します。

 私の場合元々声にハリがなかったり何なりで控えめな声なのですが、今まで録音してきた音源の波形を見る分に、何も考えずに録音すれば多少のアタックは出ます。
(ルキはハキハキとした歌唱を想定して作られたため、アタックはわざとつけています)
ぬめぬめ繋がることに定評のある(?)ユキver4のdarkの波形を見てもらえればわかるのですが、ver4のdarkはアタックをひたすら減らしています。
(lightもなるべくアタックは減らしていますが、darkほどではありません)
 lightとdarkの差で気付いた方もいるかもしれませんが、発音するときに体に力を入れると、アタックの強い声が出やすくなります。
例えば立った状態で、思い切り腹筋を使って声を出せばアタックの強い声になります。
逆に、座った状態で、深呼吸しながら息を吐き出すように声を出せばアタックの控えめな声になります。
 だから、立ったり座ったり、腹筋を使ったり使わなかったりを上手く調節して、自分好みの声を出しつつアタックを控えめにする録音方法を考えればいいのです。

 まず、立った状態でもアタックが弱めな声は出せます。
そして、声を出しやすくなるので、アタックが弱めの声でもより通る声が出せるようになります。
明るい声や元気な声がいいけれどアタックが弱めがいい場合は、立った状態で腹筋の力を抜いて発声するといいでしょう。
 座った状態の場合、声が出しづらくなるので暗い声や静かな声を出したい場合に向いています。
また、強い声を出そうとすると自然と腹筋を使う体勢なので、アクセントを弱くしづらい場合にも座って録音することをお勧めします。

 それと、マイクの位置です。
マイクが遠ければしっかりとした音量で録音するために自然と大きな声を出そうとするし、マイクが近ければ音割れしなうようにそっと発音します。
それもふまえて、明るい声はマイクから少し離れて、暗い声はマイクに近づいて、など、マイクの位置にも気を使ってみてください。

 自信がない時はマイクに近寄り、座った状態で録音を始めましょう。
数回深呼吸してお腹にかかった余分な力を抜いた後、猫背になってもいいのでだらーんとリラックスしてください。
そして本当に最低限の声量で呟くように発声すれば、アタックが強くなることはまずないと思います。
この状態で音源を作れば恐らく吐息いっぱいの囁くような音源が完成するでしょうw
 録音に成功して自信がついてきたら、姿勢を直し、マイクを離したり立って録音してみたり、明るい声にも挑戦できるはずです。

囁いたり呟くような声→暗く静かな声→変化のない普通の声→明るい元気な声

 このような順序でやっていけば次第に自信がついて、よりやりやすくなっていくはずです。

ちなみにとんでもない話、ユキの連続音はver4のdarkに声質が似ているそうですが、あれは立って録音しました
慣れれば体勢関係なしに自由な声を出せます。
けれど、録音していて思ったのですが、立った状態で無理に静かな発声をしようとすると逆に疲れます。
なるべく自分の出したい声に合わせて体勢を変えた方がいいのかも知れません。


~追記~
音素ごとのばらつきをなくしたい場合はアタックを減らした方が滑らかに繋がりますが、アタックが多少(気にならない程度)なら無理になくす必要はありません。
前述の通り、アタックがないと繋がりやすくはなりますが、多少あればべた打ちでもはきはき歌います。


 次は声質その二をやろうと思いますが、質問や試してほしいことがあればコメント欄やtwitterの「utau2takano」宛てに投げかけてくださればそちらを優先していきたいと思います。
(但し、わからないことをきかれたり、不可能なことを試してほしいと言われてもできません)
 それと、「こんな風にすればもっと良くなるんじゃない?」といった意見も募集します。
良さそうな意見は名前付きで(嫌な方は匿名で)紹介させていただきます!

 その他「これはあり得ないよ」や「ここ明らかに間違っているだろ」などといった点もどんどん指摘していただいて結構です(コメント欄から匿名でどうぞ)
「書いてあること実践したけどできません><」や「ここがいまいち理解できません…」などもOKです。
使える情報をなるべく見やすい形で伝えたいと思っているので、苦情もむしろありがたいですw

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
頑張ってんなぁ。

俺は中の人になる気も無いんで別に質問も意見もないけど、
文章読んでてついコメントしたくなったw

文章も、文章の構成もちゃんとしてるし、若いのに偉いなあ。


そーいや知冬嬢、インストうpしてるでしょ?

たまたまインディーズをツラツラと見てたら、わりと俺好みな曲があって珍しく
コメントなんか入れてマイリスにしたんだけど、後から投稿者プロフィール見たら
知冬嬢だったんでビックリしたwww

あれは、良い曲だね。
んー、まあ、偉そうなことを言わせてもらうと、リズム隊(drum,bass)とギターは
「もうちょっと頑張りましょう」って感じだけど、でも、曲はすごくカッコいい。

あーゆー曲は、俺は嫌いじゃ無いんだよなあ。
miya-poo 2010/08/18(Wed)04:23:24 編集
Re:無題
いつも自分が講座を見ると、初心者に優しくないようなところがあってわからなくなってしまうことが多いので、なるべくその点もふまえて見やすいようにするにはどうしたらいいかと考えてみました。
中の人が自分で作った音源を気に入って、楽しんで録音できるようになって欲しいというのがありますね。

あー、インストアップしていますね。
使ったことのないような楽器をあれこれ入れてやってみたので、聴いていて自分でも「うわぁ変w」と思うところが沢山ありますw
リズム隊もギターもDTMなら最低限使い方を知っていた方がいい楽器だと思いますし、使えないことで自分の表現の範囲が狭まっている気がしますね。
曲を気に入ってもらえて嬉しいです。
改めて楽器の使い方を覚えたら、そこを特に集中してインストを作りなおしてみようと思います。
知冬  【2010/08/19 12:19】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
知冬
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/02/24
職業:
中の人
趣味:
ピアノやUTAU中心の音楽
最新コメント
[08/01 kowanko]
[07/16 miya-poo]
[06/10 miya-poo]
[06/09 miya-poo]
[05/19 miya-poo]
ぷちカンパ
WebMoney ぷちカンパ
※カンパされたポイントは全て音源収録・作曲活動の為にのみ使います
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ ふぉ~ まい ぽてんしゃる! ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]